病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  視力矯正のリスクについて
  視力矯正の後遺症について
  視力矯正の適正について
  まとめ
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

目の疾患はレーシックを受けられるか

目の疾患は、レーシック手術の障害になることが多く、クリニックから手術を断られることもあります。


白内障や緑内障は、症状が進行した場合に治療に影響が出ますので、レーシック手術は避けた方が良いようです。


網膜剥離、結膜炎、角膜炎などは、治療さえすればレーシック手術を受けられるようになります。

網膜剥離は初期の段階なら、レーザーで穴をふさぐだけですので、すぐに治療できて一ヶ月後には受けられます。

結膜炎も、花粉症のようにアレルギー性のものなら受けられるそうですが、治療などにより症状を改善してからの方が良いそうです。

ウィルスなどによる炎症は、完治してから一ヶ月は用心した方が良いそうです。


目に疾患があっても、適切な処置を行った後であれば、レーシック手術が受けられることもあります。

最初からあきらめずに、クリニックに相談してみることが大切ですね。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求